からだのこと
2021.04.19

スーパーフードのビーツを使ったオススメ春レシピ(読了時間 : 2分)

ビーツ・スーパーフード・中医学

春にもおすすめの薬膳レシピ

以前、KOSMOSTに掲載されてた、世界を旅するフォトグラファーである石黒アツシさんの記事に触発されて、魚醤についてコラムを書いたことがありました。今回もKOSMOSTで見つけた薬膳レシピに関連したことを書いてみます。

こちらの薬膳レシピ記事(日々のくらしに腸活を!腸内フローラ鍋 薬膳レシピ 3選)で紹介されているレシピはどれもとても美味しそうで、作りやそうです。その中でも私の目にとまったのは、このレシピ!!

スーパーフードのビーツを使ったボルシチです。

冬のレシピとして紹介されていますが、これは冬だけでなく、春にもいい薬膳レシピだな!と感じました。

 

春は気の流れを整えることを意識して

中医学では、春は体の中の血を調整する流れが滞りやすくなるといわれています。
また、ストレスを感じやすい季節でもあり、ストレスが溜まることで、体の気の流れが悪くなり「気滞」が起こります。

そして、この血流の流れをサポートしてくれる食材のひとつに、このビーツがあるのです。

また、このレシピで使われているトマトやセロリ、キャベツ」もストレスの流れを整えてくれる食材。香りのよいハーブも、滞っている気の流れを解消してくれます。

もうひとつ、プラスワンで、レシピをインスタグラムからご紹介です。
気のめぐりをよくするトマト、セロリ、キャベツなどをふんだんに使ったミネストローネです。ローリエ、オレガノやタイムなどのハーブも使えるものなので、春の不調も解消できる効果もあります。冬といわず、中医学的には春にもおすすめなものです。

 

いろいろな野菜を入れたトマトスープを作ることはありましたが、ビーツを使ったスープはまだチャレンジしたことがなかったので、この機会に私も作ってみたいと思います。

皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね。春におすすめの食材についてのコラムも参考に、春を食からも楽しんでみませんか。みなさんのアレンジ・レシピも、ぜひ聞かせてください。

中医学的な目線で選ぶ、春の食べもの

<一覧へ戻る

あわせて読みたい記事 More articles to explore

乳酸菌たっぷりのぬか漬け
おいしいこと
2021.07.17
梅雨・中医学・ストレッチ
からだのこと
2021.07.13
梅雨・しゃくやくの花・傘
からだのこと
2021.06.19
お茶・心・薬膳
からだのこと
2021.05.28
星 宏美

星 宏美

2児の母。子供が生まれてから中医学や薬膳の魅力にひかれ、薬膳を学びはじめる。ほぼ同時期に食べ物だけでなく、ココロとカラダ全体の大切さに気づき、ヨガを日常に取りいれるようになる。現在はヨガ・インストラクターとして、スポーツクラブ、ヨガスタジオ、オンラインでレッスンを行うほか、薬膳インストラクターとして、渋谷RESMSTANDのメニュー監修(https://www.re-ism.co.jp/reismstand/)、薬膳講座をてがけている。 -------- Q. ウェルネスのために心がけていることは? → A. 自分にとって無理ない生活をすること。無理して、不調が起こったとしても、それも自分だから受け入れる。むしろそういうときの自分ほど褒めてあげる様に。不調が起こるのは、自分がすごい頑張ってるんだな!と思うので。

2021.09.11
中医学のきほんのき、季節・色・臓腑の関係とは?
2021.08.25
少しずつ秋を意識して、中医学的にからだを整える
2021.08.11
中医学の目線から、現代の夏に気をつけたいこと
2021.07.13
梅雨におすすめ、前面を伸ばすストレッチ
Member 一覧 >

シェアする

スーパーフードのビーツを使ったオススメ春レシピ

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!

メールマガジン Mail Magazine

KOSMOSTの関連情報を
メールでお届けします

登録する