うつくしきこと
2021.02.02

若々しさと「口内フローラ」の関係とは?

口内フローラ・口元

私たちにとって、マスクはすっかり生活必需品になりました。じつはその習慣は、口まわりの日焼け防止や乾燥ケアなど、美容にとってうれしいことも期待できるのです。一方で鼻を覆うことで口呼吸になってしまい、普段以上に口内環境が気になることがあるかもしれません。そこでこの機会に、私たちの口内環境と美容について考えてみました。

「口内フローラ」ってなに?

私たちの口の中には、腸内と同様にたくさんの微生物がすんでいます。それは、腸内フローラと同じように「口内フローラ」(口腔内細菌叢)と呼ばれています。口内の細菌は約700種あるといわれ、私たちのウェルネスと深く関係しています。最近の口腔予防医学分野の研究では、口内フローラバランスが整うと健康維持に有効だという考察もあるようです。

若々しさと唾液のこと

口内フローラのバランスを整えるために欠かせないのが唾液の存在です。唾液には、口内をきれいにする洗浄作用や抗菌作用があり、また、pHバランスを整えてくれます。

そして、口の中が潤うことで、スムーズに話したり、食べたりすることができます。生活の質の向上(QOL)に寄与しているのが唾液分泌ともいえます。

ところが、残念なことに、唾液の量は加齢とともに減少してしまうのです。

歯ブラシ・歯磨き

口内フローラのために、とりいれたい習慣

加齢には逆らえないけれど、日々の習慣で口内フローラ環境をよりよい状態にしておくことはできます。

1つめの習慣は、口内を清潔にしておくこと。食事のあとの歯磨きをし、そして丁寧に歯間も磨くことが大切です。

2つめは、ドライマウスを防ぎ、唾液分泌をうながすように気を配ること。よく噛んで食べることが基本です。また、口呼吸ではなく鼻呼吸がおすすめです。

そして3つめは、規則正しく食事をいただき、だらだらと食べつづけないこと。食間でも口内をきれいに保って、若々しさを目指したいものですね。

Reference:

歯みがき

<一覧へ戻る
KOSMOST 編集部

KOSMOST 編集部

KOSMOST編集部。2020年10月22日に創刊。おいしいこと、からだのこと、うつくしきこと、微生物のこと、おなかのこと、せかいのことをめぐる情報をつうじて、みなさまがウェルネス豊かなライフスタイルをおくれますように! -------- Q. ウェルネスのために心がけていることは? → A.いろいろな方々との発酵ダイアログから、新しいアイディアをうみだすこと! 🦠 KOSMOST編集部の記事一覧

2022.01.04
乳酸菌生産物質とは① 細菌たちがつくりだす成分
2022.09.07
[梶原有里、世界への窓 第8回] 脳トレでオリンピック・レベルの精神力を鍛える
2021.08.04
腸は「第2の脳」~小腸・大腸の長さは?働きは?~【知菌・育菌しよう①】
2022.07.26
[梶原有里、世界への窓 第5回] 世界的アスリートが実践する海外遠征時の食事法

シェアする

若々しさと「口内フローラ」の関係とは?

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!