せかいのこと
2022.06.02

スペインの市場で出会った白かびドライソーセージ「フエ」

白カビ・ドライソーセージ・サラミ・フエ・発酵

「旅・写真・ごはん」をテーマに、世界中を旅する「旅行家・写真家・食事家」、石黒アツシさんが発酵食品を語るコラム。今回は、日本では「サラミ」の名称でよく知られるドライソーセージのお話。白かびでつくるスペインのソーセージです。 

 

スペインの白かびドライソーセージ”Fuet 

サラミといえば、子供のころには大人のお酒のおつまみだと思っていました。実際おつまみで食べられることは多いと思いますが。まだ小さかったころには、なんだか胡椒が辛いし、ちょっと固いしとあまり好みませんでした。でも、ピザに乗ったサラミは別もので、トマトソースやチーズによく合うのか、すんなりとおいしく食べていました。もちろん、今ではサラミは大好きです。やっぱりお酒を飲むようになったら、その美味しさがより分かったという気がします。

さて、サラミはイタリアのドライソーセージの一種です。ドライソーセージは水分含有量が少なく乾燥しているソーセージのことで、常温で保存できます。イタリアをはじめ、スペイン、フランス、ハンガリーなど、ヨーロッパ各地に伝統的なドライソーセージがあります。今回はスペインの白かびドライソーセージ「Fuet(フエ)」を紹介します。 

 

スペイン・バルセロナ・ドライソーセージ・フエ

上の写真は、スペインのバルセロナの屋内市場にあったソーセージやワイン、チーズなどを売る店。冷蔵ケースの中には様々なチーズが並び、その上にしつらえられたバーには、常温で保存できるドライソーセージがぶら下がっています。少しわかりにくいかもしれませんが、バーの左のほうにぶら下がっている白いものがフエです。

フランス・リール・カフェバー・ドライソーセージ

私が最初にドライソーセージを食べたのはスペインではなく、フランス北部の都市リールでした。カフェ・バーのひとに入ると、そこのカウンターに白い棒状のソーセージがおかれています。もちろん常温です。友人が「これはビールにあうから食べよう」ということで、食べてみたのでした。 

 

EU食材の移動の自由を実感!

スペイン・ドライソーセージ・フエ

このドライソーセージ、商品説明のタグを見ると「Fuet」と書かれています。スペインのドライソーセージのフエでした。ナイフとカッティングボードを貸してくれて、適当な厚さに自分でカットします。切ってみて気づきましたが、中にヘーゼルナッツが入っているものでした。 

フエはスペインの白かびを使って発酵させたドライソーセージの名称です。フランスにも「キュルノンチュエ」というフエそっくりの白カビのドライソーセージがあります。EU圏内では物流が容易なので、フランスにもスペインからの食材が無関税でやってくるというわけです。

ビール・ベルギー

フランス北部ではワイン以外にビールもよく飲まれています。こちらのビールはベルギーの醸造所のもの。なるほど、EU内では食材が自由に行き交っているんだなぁと実感させられました。 

フエを手に入れて久しぶりに食べてみます

フエ・サラミ・輸入食材

フエを購入してきました。輸入食材のお店扱っていることが多いようです。長さは30㎝ちょっと。中に表面が真っ白なフエが見えています。 

フエ・サラミ・白カビ・発酵

スライスして食べてみると、白カビの味というか、カビの香りといったものはもちろんまったくしません。白かびのおかげで、内部からの水分が吸収されて乾燥し、豚肉の脂質とたんぱく質は分解されて熟成します。水分がなくなれば保存性が増します。味のほうはというと、スパイシーな香りも相まって何とも言えない旨味がたっぷりでした。脂部分が口の中で溶けると、その甘みしっかりと感じられて、それが肉の部分と一緒になるととってもおいしい。 

そういえばカマンベールチーズも白かびの力を借りた発酵食品です。日本人に身近なものなら、鰹節のかびつけもありました。こちらは白かびではありませんが、やはり乾燥の助けをして、旨味をプラスするという効果があるんですね。 

お店で見かけたら、ぜひトライしてみてください。白カビの力が感じられると思います。

 

<一覧へ戻る

あわせて読みたい記事 More articles to explore

発酵の技法・ライブラリー
微生物のこと
2022.07.04
沖縄・泡盛・首里森御嶽
せかいのこと
2022.06.27
塩麹納豆・山形・発酵食品
せかいのこと
2022.06.13
ライブラリー・生物と無生物のあいだ・福岡伸一・発酵
微生物のこと
2022.06.18
石黒 アツシ

石黒 アツシ

「旅・写真・ごはん」をテーマに、世界中のおいしいものを食べ歩き、食文化を写真に収め、日本で再現してみんなと食べることをライフワークにしている「旅行家・写真家・食事家」です。KOSMOSTのコラムでは、これまで旅先で食べてきた発酵食品を、皆さんと一緒に楽しみたいと思います。 -------- Q.「微生物とともに生きるライフスタイル」で大切にしていることは? → A. おいしい発酵食品を、おいしくいただいています。 -------- 🦠 石黒アツシの記事一覧 ------- 🦠石黒アツシwebsite

2022.06.27
沖縄の泡盛を楽しむ:新酒と古酒の飲み比べ
2022.06.13
山形県置賜地方に伝わる発酵食品「塩麹納豆」とは?
2022.06.02
スペインの市場で出会った白かびドライソーセージ「フエ」
2022.05.09
台湾の朝といえば、香酢と豆乳で作る鹹豆漿(シェントウジャン)
Member 一覧 >

シェアする

スペインの市場で出会った白かびドライソーセージ「フエ」

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!

メールマガジン Mail Magazine

KOSMOSTの関連情報を
メールでお届けします

登録する