微生物のこと
2020.12.22

腸にも、口の中にも!?私たちのからだと乳酸菌 〜 “新”乳酸菌生活のススメ③ 知って、食べて、育てる(読了時間 : 3分)

ビフィズス菌・ヨーグルト・くだもの・食物繊維

最近の健康づくりのトレンドといえば「腸活」ですね。その主役となるのが、私たちの腸の中にすむ100兆個ともいわれる細菌たち。なかでも「善玉菌」の代表選手といわれる、乳酸菌やビフィズス菌にますます注目が集まっています。なかなか知る機会のない、腸内細菌たちの暮らしぶりを探ってみましょう。

おなかの中にある、細菌たちの“発酵”工場

最近、なにかと「活」ブームですよね。からだに関わることでいうなら、注目されているのは「腸活」でしょうか。腸内環境を整えて健康なからだを手に入れるための工夫です。

その腸内環境の主役が微生物であることも、最近ではすっかり知られるようになってきました。私たちの腸の中には100兆個もの細菌がすんでいるといわれます。その重さは1kgとも2kgとも!? 食べもののかすのように思われているうんちも、3分の1はこれら細菌たちなのだそうです。

私たちがとる食べものは、口でかみ砕かれ、胃で消化されて、そして腸に届きます。この腸は、大きく小腸と大腸にわかれます。小腸で栄養を、大腸では主に水分を吸収します。
ところが、腸内環境の研究が進むにつれ、大腸がさらに大切な働きの場になっていることがわかってきました。それは「発酵」です。

私たちの腸内細菌の多くは大腸にすんでいます。その多種多様な細菌たちが、小腸で吸収されなかった食物繊維などをエネルギーにして発酵を行い、私たちのからだにとって有用となる成分をせっせと生産してくれているのです。

私たちは、おなかの中に、細菌たちによる複雑な生態系と、そして精緻な工場をもっているわけですね。最近では、腸内細菌を新しい臓器にたとえる研究者もいます。人間の細胞の数は60兆個といわれます。それを上回る数の細菌たちが、細胞と同じように、私たちのからだの中で欠かせない役割を担っています。

口元・美・健やか

私たちのからだにすむ乳酸菌

さて、私たちにとって馴染みの深い乳酸菌やビフィズス菌は、これら腸内細菌の中でどのようなポジションにあるのでしょうか。

まず乳酸菌ですが、腸内細菌の仲間では少々ユニークな立場にあるといえそうです。というのも、先ほど腸内細菌の多くは大腸にいると紹介しましたが、乳酸菌はその上流にあたる小腸を主なすみかにしているからです。

さらに乳酸菌は、小腸のずっとずっと上流にあたる口の中にもいます。じつは私たちの口の中にも、大腸を同じようにたくさんの細菌がすんでいて、乳酸菌はその環境のバランスを整える大切な役割を果たしているといわれています。

一方、ビフィズス菌は、多くの腸内細菌と同じように大腸でくらしています。このビフィズス菌は、人間の赤ちゃんにとって非常に重要な細菌で、生後間もない赤ちゃんの腸内細菌の90%以上がビフィズス菌といわれます。

そのビフィズス菌も成長とともに急激に減少し、一般的な大人の腸内細菌では少数派というポジションです。乳酸菌にいたっては、ビフィズス菌の100分の1ともいわれています。

腸内環境のバランスを整える

腸内細菌の話をするとき、しばしば「善玉菌」「悪玉菌」という言葉が使われます。この善玉菌の代表選手が乳酸菌でありビフィズス菌。数では少数派かもしれませんが、腸内環境を整えたりとても大切な役割を担っています。

それになによりも、腸内細菌を語るとき、数や割合にこだわるのはあまり意味がないように思います。腸内細菌についてはまだまだ謎だらけなのですが、多様性とそのバランスを保つことが健康の秘訣であることがわかってきました。そう、私たちを取り巻く自然と同じように、多種多様な細菌たちが複雑に連携しながら共に生きているのです。私たちのおなかの中には、そんな豊かで神秘的な森が広がっているといってよいかもしれませんね。

森の調和

<一覧へ戻る

あわせて読みたい記事 More articles to explore

微生物・KOSMOSTライブラリー・もやしもん
微生物のこと
2021.09.20
ベルリン・プレッツェル・菓子パン
せかいのこと
2021.09.18
藍染め・発酵
うつくしきこと
2021.09.15
炭素循環・地球
微生物のこと
2021.09.07
片倉 さとし

片倉 さとし

コピーライターの本業の傍ら、ときどき“いきものライター”として魚をはじめ生物系の記事や書籍を書いています。免疫力を高めると言い訳して、週末はサーファーとして毎週海へ。KOSMOSTにかかわるようになって微生物の本を読みあさり、最近、毎朝スムージーを飲むようになりました。 -------- Q. 「微生物とともに生きるライフスタイル」で大切にしていることは? → A. 酒場で迷ったときは、蒸留酒よりも醸造酒を選ぶこと。 Q. ウェルネスのために心がけていることは? → A. サーフィン。あまり熱心ではないヨガ。

2021.09.15
日本の美と微生物 2 自然と人と、藍のうつくしさ
2021.09.07
地球をめぐる微生物の物語2 :炭素循環と微生物たち
2021.08.23
こんなところにも乳酸菌!③癒される甘さ、夏の終わりに甘酒
2021.07.23
こんなところにも乳酸菌!② 個性的な風味の秘密は「くさや菌」
Member 一覧 >

シェアする

腸にも、口の中にも!?私たちのからだと乳酸菌 〜 “新”乳酸菌生活のススメ③ 知って、食べて、育てる

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!

メールマガジン Mail Magazine

KOSMOSTの関連情報を
メールでお届けします

登録する